オーガニックコットンの服を着るという選択−普通の綿との違いは?

 

肌ざわりが良さそうで、なんとなく優しいイメージのオーガニックコットン。あまり知られていないのが、通常の綿とオーガニックコットンの違いです。

 

肌触りや風合いよりも、コットンを栽培するときに環境に与える負荷が大きく違うのです。普通のコットンは、化学肥料による土壌の汚染や栽培する人たちの健康への影響が問題視されています。
オーガニックコットンは、農薬や化学肥料を3年以上使っていない土壌で栽培された綿です。自然環境への負担を減らして、そこで作業を行う人々の健康にも配慮できる栽培方法で作られています。

 

オーガニックコットンの服を選ぶことは、地球と人をやさしく守ることにつながっています。たった1着の服でも、小さな選択の積み重ねの先に、自分たちを含めた地球の未来を、良いものに変えていく力があります。

 

毎日着たいオーガニックコットンのボーダーTシャツ

スイスのオーガニックコットンを使った、薄手で軽い天竺素材のボーダーTです。細すぎず太すぎないボーダー幅と絶妙な配色が、大人っぽくて上品な雰囲気です。襟元のテープの配色づかいが、さりげないアクセントになっています。
デニムはもちろん、フェミニンなプリーツスカートに合わせて、ジャケットを羽織ればオフィスファッションとして通用します。

 

優しいぬくもりのオーガニックコットンタートルネックプルオーバー

インドのオーガニックコットン100%使用の、しっかりとした肉厚な生地のスムース素材のプルオーバーです。秋、冬、春先までの3シーズンで活躍します。首元までオーガニックコットンのぬくもりと、やさしい肌ざわりに包まれます。ベーシックカラーが揃うので、どんなボトムとも相性よく着れます。